インテリア

快適リノベーション術|改築工事で古い建物を蘇らせる

高気密住宅に改築

一軒家

暑い夏であれば冷房を入れるし、寒い冬であれば暖房を入れる。これはエアコンというものが普及してからずっと行われてきていることですが、年々エアコンの性能は上がってきて、効率的に部屋を冷やすあるいは暖めることができるようになってきています。それに伴い省電力化もかなり進められていて、昔にくらべれば電気代も安くなっているかと思います。ただ、そんな性能の向上したエアコンであっても部屋によっては全く効かないことがあります。どれだけ稼働させても設定温度を変えても快適にならない、なんていうことがあるわけです。これはエアコンが悪いわけではなく、単に部屋の気密性が低いということなんですね。そういった不満・不安を解決してくれるのが高気密住宅です。最近ではリフォームを施工して高気密住宅変える人も多くなっています。このような住宅は隙間を極力無くすように設計されていて、それ故に気密性や断熱性がかなり高くなっています。そのため、冷房や暖房の効力が最大限に発揮されるという結果になるわけです。これによって冷暖房が効きやすくなって快適に過ごせるようになるのはもちろんのこと、冷気・暖気の損失がないことから設定温度に到達するのが早く、省エネルギー化にもつながっています。お財布にも非常に優しい住宅というわけですね。